顔認識で分析する事で、企業は更に成長する

大きなイベントで今セキュリティ対策に役立っている技術が顔認識です。
セキュリティ面でも有効ですが、その他顔認識はマーケティング領域でも今注目されています、これからもどんどん顔認識マーケティングは広がっていくことは間違いないでしょう。
様々な会社で顔認識によるマーケティングが提供されています、IT系の企業としてこれに乗り遅れることは非常に大きな損失でといっていいでしょう。
マーケティング自体はこれまでもずっと行われてきていますが、すべてアナログなやり方でした、せいぜいレジを打つ時にお客様の年代や買った物、性別を入力しておいて後で集計する程度でしたが、顔認識によるマーケティングの場合瞬時にカメラによってお客様の年齢や性別を判断して何回来店したお客様かすらわかるほど性能がよくなっています。
顔認識システムによって非常に効果的なマーケティングが可能になり、導入企業の利益も上がっているようです。

今まででしたら人間がカウントしたり判断していた顧客情報が精度の良いカメラによって得られるようになりました。全てのお客さんなどを瞬時に判断してしまいます上、曖昧さも回避され、数え忘れたりはなくなるでしょう。顔認証で得られた顧客情報は蓄積されますがプライバシー情報(顔写真)などは残らないというのが顔認証マーケティング会社が信頼を得る為に実践している事の一つだそうです。

もし店内などに電子広告があればその顧客情報を元に広告が出現するようになると広告の効果も一層上がることになります。例えば30代の女性が入室してきたらその年齢層に合わせたファッション情報を流したり、20代男性が入店して来たらその年齢層に人気のアウトドア情報を流したりなどが可能です。人の好みなので一概には言えませんが的はより絞られた内容をお知らせすることになりますので反応は返ってきやすいでしょう。それはまるで電子広告が直接あなたに話しかけているような状態であり、ある人間があなたのために考えた売り文句を聞いているようなものでもあります。