顔認識マーケティングで分析する事で企業は更に成長する

顔認識マーケティングによる未来

近年広まっている新しいマーケティング方法として、顔認識マーケティングというものがあります。この顔認識マーケティングというのは高解像度カメラを用いることにより、一度に複数の顔を認識し、さらにその映像から年齢・性別までを判断することで、顧客の参考データを収集することができるという技術です。

顔認識マーケティングを導入することにより、お店に何時にどのようなお客さんが来るかなどを調べることができ、その時間ごとに商品の在庫を調整することなどが可能になります。これはコンビニなどに導入されているPOSシステムをさらに発展させたようなものになり、より細かく顧客のターゲットを絞ることが可能になります。

さらに顔認識マーケティングはカメラの位置を変えることで、お店全体の顧客データ以外にも商品ごとの顧客データを集めるなどという使い方もできます。このように顔認識マーケティングを導入することで、企業はより細かくターゲットを絞ったマーケティングを行えるようになります。

顔認識マーケティングで顧客分析が可能に

小売業やサービス業の収益アップには顔認識マーケティングが有効です。顔を認証することができるシステムを使って、客層の分析を行うことができる世の中になりました。

実店舗のあるお店では商品を購入したお客様、購入しなかったお客様のデータを収集することで、今までよりも細かく顧客分析ができるようになったのです。

今までのマーケティング戦略では商品を購入したお客様の分析は出来たとしても、購入に至らなかったお客様の分析は出来ずにいました。

しかし、新規顧客の習得には、商品の購入に至らなかったお客様の分析を行い、どうすれば商品を購入してもらえるようになるかのマーケティングが重要です。このための有効なツールとなるのか顔認識マーケティングなのです。

モノがあふれているこのご時世、小売業やサービス業で売り上げを伸ばすためには、他者との差別化が重要です。そのマーケテイング戦略の取っ掛かりに、顔認識マーケティングの導入を強くお勧めします。

顔認識マーケティングのイメージ

顔認識マーケティングをするメリット

顔認識マーケティングは店舗の利用客を分析する手法で、カメラで撮影して年齢や性別などのデータを記録します。

店舗の売上は利用者のニーズに応えるようにしないと伸ばせないため、カメラで顔を撮影して年齢や性別などを予測してデータとして記録して対策を講じることが大事です。顔は年齢と性別を予測するきっかけになり、防犯カメラ以外にも客層を分析するために役立ちます。

マーケティングはライバル店があれば競争に勝ち抜けるようにしないといけないため、最適な方法を決めたいものです。

顔認識マーケティングをするメリットは客層を分析し、ニーズに応えるようにすることでリピーターを増やせて売上を伸ばせます。

最近ではカメラの性能も向上して顔だけで様々なデータを分析でき、チャンスロスを防げるように品揃えをするきっかけにすると便利です。店舗の売上はただ単に商品を並べることだけでは意味がなく、利用者が探しやすくなるようにすることが求められます。

顔認識マーケティングを使うことで行動まで分析できる

顔認識マーケティングというのは、行動そのものの記録をとることができるという便利な側面を持っています。

顔認識マーケティングに関しては、顔の情報からマーケティングをするという面が特徴的なわけですけど、その技術は行動それ自体にも活用できる分野です。

例えば、実際にあった事例では、スーパーなどに顔認識マーケティングを設置して、顔認識システムによって性別や年齢層などを識別します。そして、その人が店内でどういう行動をとったのか?まで明らかにすることができるのです。

例えば、あるお客さんがある商品を手に取ったが、棚に戻したようなケースというのは、従来であれば記録には残りません。しかし、買わなかったが興味を示しているという記録が顔認識マーケティングを使うと残せるということになります。

そこから商品開発などにおいてヒントが生まれることになるので、こういうデータを蓄積することができるという意味でも顔認識マーケティングというのは活躍の場が広いということになります。

顔認識マーケティングのイメージ

顔認識システムによる効果的なマーケティング

大きなイベントで今、セキュリティ対策に役立っている技術が顔認識システムです。

セキュリティ面でも有効ですが、その他顔認識システムはマーケティング領域でも注目されています、これからもどんどん顔認識マーケティングは広がっていくことは間違いないでしょう。

様々な会社で顔認識によるマーケティングが提供されています、IT系の企業としてこれに乗り遅れることは非常に大きな損失といっていいでしょう。

マーケティング自体はこれまでもずっと行われてきていますが、すべてアナログなやり方でした、せいぜいレジを打つ時にお客様の年代や買った物、性別を入力しておいて後で集計する程度でしたが、顔認識システムによるマーケティングの場合瞬時にカメラによってお客様の年齢や性別を判断して何回来店したお客様かすらわかるほど性能がよくなっています。

顔認識システムによって非常に効果的なマーケティングが可能になり、導入企業の利益も上がっているようです。

今まででしたら人間がカウントしたり判断していた顧客情報が精度の良いカメラによって得られるようになりました。全てのお客さんなどを瞬時に判断してしまいます上、曖昧さも回避され、数え忘れたりはなくなるでしょう。

顔認識で得られた顧客情報は蓄積されますがプライバシー情報(顔写真)などは残らないというのが顔認識マーケティングの会社が信頼を得る為に実践している事の一つだそうです。

もし店内などに電子広告があればその顧客情報を元に広告が出現するようになると広告の効果も一層上がることになります。

例えば30代の女性が入室してきたらその年齢層に合わせたファッション情報を流したり、20代男性が入店して来たらその年齢層に人気のアウトドア情報を流したりなどが可能です。

人の好みなので一概には言えませんがより絞られた内容をお知らせすることになりますので反応は返ってきやすいでしょう。

それはまるで電子広告が直接あなたに話しかけているような状態であり、ある人間があなたのために考えた売り文句を聞いているようなものでもあります。

進化する顔認識の技術

カメラの認識技術の向上はまさに日進月歩といっても言い過ぎではありません。顔認識技術の精度が上がるにつれ、さまざまなシーンでの活用が期待されるようになってきました。

店舗での顔認識マーケティングの事例ですと、来店するお客の人数を数えたり、さらには顔を認識し、そのお客の性別や年代なども判断し、集計までもっていくシステムも存在します。来店者の属性を集計結果から分析し、より効果的な広告を作成したり、集客対策をする事だってできるようになります。

これまでの広告は、不特定多数に向けたものだったとしても顔認識マーケティングの結果を利用すれば、効果的なターゲットに絞る事ができ、無駄な広告費を抑えることにもつながる可能性があります。

顔認識マーケティングは店舗以外にも、駅や空港などの一度の多くの人が集まる場所においても活用が期待されています。不特定多数の中から、該当する人物を探し出す事もできるようになっています。