精度の高い顔認識によるマーケティング

文字や図表などを用いて市場分析する方法もありますが、それよりも視覚的な要素を取り入れて分析を行ったほうが効果的にできるケースも少なくありません。

そのようなことから、企業のなかには顔認識によるマーケティングを取り入れているところが増えています。顔認識によるマーケティングは、カメラ映像から、人の顔の表情のみを抽出してそれを元に分析を行います。不特定多数の顔の表情、年齢、性別、顔の向きなど一度にいろいろなことがわかるので効率的に分析できるというメリットがあります。

しかし、メリットはそれだけではありません。顔認識によって行うと精度の高いマーケティングをすることができるのです。

たとえば、ある特定の人が映像のなかでいろいろな行動をとったとしましょう。その際、顔の角度や向く方面も変わってくるので、同じ人でも違う人だと認識してしまうのではないかとも考えられます。しかし、顔認識による方法であればそのような場合でも同一人物と認識してくれるのです。