顔認識マーケティングのメリット

店舗などを経営するときには、顧客情報取得が欠かせません。どんな人が、どんな時間に、何を目的として来店しているかなどの情報は、戦略的マーケティングには欠かせない情報です。

最近のコンビニエンスストアやスーパーなどでは、レジにて会計をするときに顧客情報も併せて入力しています。しかし、このシステムには欠点があります。商品を購入した人の顧客データは集まるのですが、商品を手に取ったにもかかわらず、買わなかった人のデータが集まらないのです。

そこで活躍するのが、顔認識マーケティングです。この手法は、イベント会場や店舗などにカメラを設置することで、顧客の性別や年齢などを自動分析し、リピート客を検出するなどのマーケティングデータの収集が自動的に行われます。商品を買った人の情報だけではなく、イベント会場や店舗を訪れた人全員の情報を得ることが可能です。

また、最近では人工知能を駆使することで、商品を取った人の表情まで分析が可能で、マーケティングにとても役立ちます。