顔認識デジタルサイネージを設置する場所の決め方

デジタルサイネージといえばフルカラーで店舗のサービス内容や商品の特徴を伝え、通行人に目に入りやすくなるように設置すると興味があれば立ち寄ってもらえる可能性が増えます。

顔認識システムは顔を撮影して自動的に年齢層や性別などの属性を分析し、保存したデータを分析すると販促やマーケティングに活用できて便利です。デジタルサイネージは人の代わりに案内をするため人件費の削減が可能で、長く使えば初期費用が高くても利益を出せて長期的な見返りが期待できます。顔認識はカメラを設置すると自動的に行え、通行人や来店客の状況を観察すればニーズに応えられるようにサービスを決めやすいです。

顔認識デジタルサイネージは少しでも見やすくなるように周辺の状況を確かめ、店舗の入口の近くにして立ち寄ってもらえるようにすると効果的です。デジタルサイネージは最新の情報があれば積極的に案内し、初めて利用する場合にも安心して入りやすくするとチャンスをつかめます。顔認識システムは通行人の様子を分析し、利用者の性別や年齢層を分析すると品揃えをするきっかけをつかめて便利です。