顔認証は様々な方面で利用されている

顔認証というのはその顔がそこにあるということをカメラなので認証してもらうというものであり、割と需要があるサービスになっています。普通にデジタルカメラなどにもこれは需要がありますし、顔認証は監視カメラの市場などにも非常に重要な要素になっています。顔が出てきた時にそこにピントを合わせて撮影しておく、ということがデジタルカメラなどであれば有効的になるからです。これはとても大事なことになりますから技術はとても高くなっていますし、需要が増しているといっても過言ではなくなっています。それだけ求められている技術ではあるのですが、実はマーケティングの方向でも役に立つことがあります。コンビニなどに設置したデジタルサイネージなどの顔認証は、何時に、どんなものを、どっちの性別の人が、というのをデータとして収集したりしているわけですが、それを自動的に行う、という試みをしているわけです。今はレジを売っている人が手でその情報を入れていたわけですが今後は、監視カメラなどによる顔認証で、ということもありえるわけです。実際に少なからず試されているやり方での情報収集になります。