顔認識マーケティングによる手法

マーケティング手法も今では自動化されています、中でも顔認識マーケティングはこれからのマーケティングと言っていいでしょう。

顔認識マーケティングは、店舗やイベント会場に設置したカメラなどで顔認識して、その顔データをクラウドのサーバと照合することでどれだけ新規の顧客が居てリピーターはどれだけかといったマーケティングレポートを自動的に作成することができます。お店側はその結果を元に今後に生かす戦略を立てることができるというわけです。

顔認識システムは瞬時に複数の顔を認識でき、年齢層まで判断できるためこれまで人手やアンケートなどで行ってきたマーケティングデータを瞬時に収集することができます。

顔認識マーケティングで重要なのはやはり顔の認識率です、顔認識率はハードウェアだけでなくソフトウェアの品質も大きくかかわってきますので各ベンダーでの競争も高まっています。

顔認識システムはマーケティングだけでなく事前に犯罪を防ぐことにも有効利用できます。