地方の商店街の活性化マーケティングに顔認識システムは有効

地方都市の多くが、商店街の不活性化に悩んでいます。そこで、新たなマーケティング手法を用いて、効率的に商店街の周辺を歩く人にマッチングした商品を販売したり、マッチングしたサービスを提供することが可能となると思われます。
その効果的なマーケティング手法が、顔認識システムです。商店街の入口や、商店街の周辺道路に顔認識システムと連動した監視カメラを設置して、商店街の周辺を歩いている人々の男女の比率や、年齢構成を把握するのです。
そして、仮に高齢者の女性が多いことが判明すれば、商店街に店を出店している人々で話し合って、商店街のあちこちにベンチを設置したり、椅子を置くことで高齢者の滞留時間を長引かせることが可能と思われます。また、公衆トイレを改装し、清潔化し、ウォシュレットを装備することによって高齢者の商店街での滞留時間が長引くと思われます。
一方、商店街の周辺を歩いている人が20歳前後の若い年齢の人ならば、若者向けの飲食店を商店街に積極的に誘致する手法が有効と思われます。
もちろん、監視カメラが認識した人物の年齢層に応じて、商店街のデジタルサイネージの表示も常に変化させます。顔認識でマーケティングを効率的に行うことによって、商店街を活性化することは可能と思われます。