顔認識・顔認証技術の活用について

近年デジタルカメラやクラウドサービスの普及に伴い顔認識・顔認証技術を使用したサービスを提供する企業が増えてきました。
iPhoneXの顔認証機能「Face ID」や中国では「天網」というAIネットワークシステム(顔認識機能を取り入れた監視カメラと国民のデータベースを連動させたもの)が構築されています。
スマホアプリを使用して顔認証で出退勤を管理する会社やカメラ映像をリアルタイムでAR処理し対象の性別、年齢を判断し最適な商品広告をデジタルサイネージに表示し販促を行う企業も増えてきています。
今後も企業のマーケティング戦略、公共及び個人のセキュリティー強化にも顔認識・認証システムは活用されていき私達の生活に取り入れられていくでしょう。
ただし懸念されることもあります。顔認証システムを使用することによって個人のデータがクラウド上または企業のデータベースに情報が残ってしますということです。
その情報を無断で転売されたり悪用されることもないとは言い切れません。
しかし顔認識・顔認証技術の活用が正しく使用されれば私達の生活はより豊かになります。
リスク管理、法整備を徹底し安全かつ効率的に顔認識・顔認証技術が活用されることを願います。