顔認識マーケティングの活用方法とは

顔認識マーケティングというものが昨今注目を集めていますが、いまいちその活用方法がわからないということもあるかもしれません。

顔認識マーケティングというのは店舗などに設置されたカメラ映像から来店している顧客の性別や年代などを特定、分析し、それらを情報とすることでマーケティングをしていくものです。

従来のシステムと異なり購入していない人間の情報も手に入れることができるため、どのような年代、あるいは性別が商品を購入せずに店を出てしまうのかということが特定できるようになります。

すると、ではその層に商品を買ってもらうためにはどのような展開が必要となるのかといった顔認識で効果検証が可能となり、利益を伸ばすことにも繋がるのです。

その他にも来店する顧客の年代に合わせた広告を瞬時に表示することができるシステムもあり、より身近なコミュニケーションをとることも可能となるでしょう。

顔認識マーケティングはまだまだ発展していくシステムであるため、今後も様々なことに活用されていくかもしませんね。