顔認証マーケティングは広告の設定にも活かせる

人々の表情、年齢、性別などのその人の姿から分析する顔認識マーケティング。高映像カメラを用いて人々の姿を映すので、細かい点までしっかり確認できるのもこのマーケティング手法のよい点だといえるでしょう。顔認識によるマーケティングは直接商品開発や販売活動にもよい影響を与えてくれます。ですが、広告の設定にも活かすことができるのです。

具体的に顔認識マーケティングはどのような形で広告の設定に活かせるのでしょうか。まず、カメラやアプリなどで不特定多数の人の表情を抽出します。その際、設定されている複数の広告のうち、どの広告を見ているのかを分析します。それによって、人によってどのような広告の需要があるのかというデータを集めることができるのです。その結果に基づきながら広告の設定を行えば、企業の営業効果も飛躍的に上げることができるでしょう。また、年代別によって設定する広告を変化させやすくなるのも大きなメリットだといえます。