顔認識マーケティングのメリットと可能性

どのような人が、どのような時間帯に、何を目的として来店しているか、という情報を分析することは、マーケティングには欠かせません。

例えば、コンビニではPOSシステムによって、レジで会計をする際にお客様情報も入力し、マーケティングを行っていますが、購入しなかった人についての情報までは分析できません。

顔認識マーケティングでは、店舗やイベント会場などにカメラを設置し、来場者の性別や年齢を分析したり、リピート客を検出したりして情報を収集し、マーケティングを行います。購入の有無に関係なく、来店者の情報を得ることができるので、より細かい分析が可能です。

さらに顔認識マーケティングでは、広告を見た人の反応を情報として収集したり、ホテル内にカメラを設置してロビーでの来客の動線を分析する、といったことにも利用できます。

顔認証によってカメラの前に立った人の性別・年齢を推定し、その人にとって利用価値の高いクーポンを発行する、といったサービスにも応用できます。顔認識マーケティングは、様々なシーンでの応用が期待されています。